自動車保険はその車の特徴や運転手でかわるもの

自動車保険,分割,種類

自動車保険は、損保会社で保険料が違うのは損保会社の商売上のことや
企業努力などが左右しています。

 

一方自動車保険の保険料は、対象になる車の種類やドライバーによって保険料が大きく変わってくるのです。

 

自動車の種類を例で言えば・乗用車・軽自動車・高級車・輸入車・商用車・エコカー・スポーツカー・旧車などがり
ドライバーで言うなら中高年・女性・未成年・高齢者・障害者などです。

 

ここでは様々のカテゴリーに分けた自動車保険について書いています。


色々なカテゴリーから見る自動車保険記事一覧

任意の自動車保険に加入する際、一番に考えるべきは事故を起こした際の被害者側への補償です。万が一加害者になってしまった場合に十分な補償を受けられないようでは、加入者はおろか被害者にまで迷惑が掛かることになり、保険に加入している意味がありません。そして、相手方への補償とともに考えておきたいのが、自身や自身の車への補償。つまり車両保険です。特に高級車の購入を検討している方は要チェック。車種によっては車両...

公道を走る以上、事故や故障のリスクは全ての車にあると言えます。個人所有の乗用車だけでなく、タクシーや社用車などの会社名義のもの、また路線バスや、フォークリフトなどの工事車両も例外ではありません。このような商用車の自動車保険は一体どのような仕組みになっているのでしょうか。まず車種による車両料率ですが、商用車の場合9種類に分けられています。タクシーや社用車など、家庭用としても使用されている車種はもちろ...

万が一事故を起こしてしまった場合、被害を受けるのは被害者側だけとは限りません。多くの自動車事故の場合、加害者側のドライバーや車両も少なからずダメージを受けます。こうした加入者の損害補償も、任意の自動車保険の大切な役割なのです。自身の車に対する補償は車両保険で賄うことになりますが、実はこの車両保険、最も保険料に影響することをご存知でしょうか?車両保険は加入する車の料率クラス、つまり事故リスクによって...

自動車技術の発展により、現在の軽自動車は普通車と遜色ないほどの性能を持っています。近年のガソリン価格の高騰も手伝って、燃費を重視し軽に乗り換えたという方も少なくないでしょう。燃費の良さもさることながら、軽自動車は普通車よりも費用の面で安く済むメリットが多数。その一つに任意保険の保険料が挙げられます。まずは、保険料を大きく左右する車両保険の安さです。安さの秘密は、普通車の車両保険制度に導入されている...

生命保険や医療保険では女性特有の病気に備える保険が既に一般化していますが、自動車保険はどうでしょうか。まずは車の運転に付随する女性特有のリスクを考えてみましょう。女性は、力では男性に敵いません。そうした意味で、女性は男性に比べ弱い立場と言えます。運転に不慣れな方も多く、事故対応でも遅れを取ってしまいがち。そんな女性の為に、万が一の事故の際の一時対応を女性専用ダイヤルでナビしてくれるサービスが登場し...

車本体の価格の値下がりや性能の向上によって、今や自動車は一家に一台から一人一台へと変わってきています。免許の数だけ車を所有しているというご家庭も珍しくありませんが、そうした場合に知っておきたいのが、自動車保険のセカンドカー割引です。セカンドカー割引・複数所有自動車割引は、条件を満たすことで2台目以降の保険料が割安になる制度。自動車保険の等級割引を利用したもので、通常は6等級からスタートするところを...