高級車の自動車保険! 車両保険が加入できるかどうか確認を

自動車保険,高級車

任意の自動車保険に加入する際、一番に考えるべきは事故を起こした際の被害者側への補償です。

 

万が一加害者になってしまった場合に十分な補償を受けられないようでは、
加入者はおろか被害者にまで迷惑が掛かることになり、保険に加入している意味がありません。

 

そして、相手方への補償とともに考えておきたいのが、自身や自身の車への補償。つまり車両保険です。

 

特に高級車の購入を検討している方は要チェック。

 

車種によっては車両保険を付けることが出来ないかもしれません。

 

一般的に、輸入車やスーパーカーと言われる購入価格の高い車は、故障や損傷の修理代も国産車と比べて高くなっています。

 

外国製の車であれば、代わりの部品も当然輸入することになりますから高くつくわけです。

 

写真の車も高級車であるアストンマーチンです。
※画像はウィキペディアのものを使用

 

そのため万が一の際の車両保険も補償金額の上限が高い物を選択したいところですが、
残念ながら車両価格が1千万を超える高級車の場合、車両保険を扱っている保険会社は少ないと言わざるを得ません。

 

その数少ない取り扱い保険も、ほとんどが条件付きでの加入。

 

加えて、補償金額が高くなるわけですから保険料も一般的な車両に比べ割高に設定されています。

 

さらに、年代物や台数限定などのプレミアによる車両価値の変動は補償金額にカウントされません。

 

車両保険に入っていても、ポケットマネーがかなりの金額必要になるわけです。

 

憧れの高級車を買う前に、まずは保険を含めた維持費の検討を行いましょう。

 

 


関連ページ

商用車の自動車保険 
商用車の自動車保険の保険料を安くすることは、会社やお店の経費を軽減する効果があります。決して代理店に任せたままではよくないです。
スポーツカーの自動車保険の最安を探す
スポーツカーの自動車保険は、車両保険の料率が高くなり任意保険が高くなる事が多いです。車の性能や運転者の年齢が若年に多いこともあり事故率の高い種の車です。
軽自動車の自動車保険
販売が好調な軽自動車は人気車種も多数あります。軽自動車ももちろん任意の自動車保険に加入するのが普通です。車本体だけでなく自動車保険もお得にしたいものです。
女性の自動車保険
今や女性が車を運転するのは当たり前です。女性に向けた自動車保険や特約が用意されています。各社の自動車保険を比較すると自分に合った自動車保険が選ぶことができます。
セカンドカーの自動車保険
セカンドカーの自動車保険。同じ所有者の車で2台目以降の自動車保険に加入すると等級で割引があるセカンドカー割引もあります。