セカンドカーの自動車保険の割引制度

車本体の価格の値下がりや性能の向上によって、今や自動車は一家に一台から一人一台へと変わってきています。

 

免許の数だけ車を所有しているというご家庭も珍しくありませんが、
そうした場合に知っておきたいのが、自動車保険のセカンドカー割引です。

 

セカンドカー割引・複数所有自動車割引は、条件を満たすことで2台目以降の保険料が割安になる制度。
自動車保険の等級割引を利用したもので、通常は6等級からスタートするところを最初から7等級で始められるので
初年度から30%も安い保険料で補償を受けることができます。

 

セカンドカー割引が適応できる条件は以下の2点。

 

まず、1台目の保険が11等級以上であること。
等級は無事故であれば1年に1つずつ上がっていきますから、最低でも5年の運転歴が必要となります。
そして、2台の車の所有者・保険名義人が同じであること。

 

こちらは保険会社によって解釈がやや異なります。
近年では同居家族であればOKというところも増えてきていますので、不明な場合は保険会社へお問い合わせください。

 

ちなみに、子供の独立などで加入後に2台の所有者が別居状態になった場合でも、
同居時に契約を結んでおけばその後も等級は引き継ぐことができます。
利用できれば通常よりも1年早く最高等級になり、高い割引を受けられる大変お得な制度です。

 

車を運転する限り、等級は高いに越したことはありません。
既にお車をお持ちのご家庭で買い足しを検討されている方は、是非活用したいですね。

 

自動車保険はできるだけ多くの損保会社の見積もりをもらって比較しましょう。

 

自動車保険,セカンドカー

 

自動車保険,セカンドカー

 

 

 

関連ページ

高級車の自動車保険
高級車はその名の通り高級なので車両の価格が高いのです。そうなると当然自動車保険特に車両保険のところがすごぶる高くなります。車によっては入れないので、買う前に確認が必要です。
商用車の自動車保険 
商用車の自動車保険の保険料を安くすることは、会社やお店の経費を軽減する効果があります。決して代理店に任せたままではよくないです。
スポーツカーの自動車保険の最安を探す
スポーツカーの自動車保険は、車両保険の料率が高くなり任意保険が高くなる事が多いです。車の性能や運転者の年齢が若年に多いこともあり事故率の高い種の車です。
軽自動車の自動車保険
販売が好調な軽自動車は人気車種も多数あります。軽自動車ももちろん任意の自動車保険に加入するのが普通です。車本体だけでなく自動車保険もお得にしたいものです。
女性の自動車保険
今や女性が車を運転するのは当たり前です。女性に向けた自動車保険や特約が用意されています。各社の自動車保険を比較すると自分に合った自動車保険が選ぶことができます。