スポーツカーの自動車保険

万が一事故を起こしてしまった場合、被害を受けるのは被害者側だけとは限りません。

 

多くの自動車事故の場合、加害者側のドライバーや車両も少なからずダメージを受けます。

 

こうした加入者の損害補償も、任意の自動車保険の大切な役割なのです。

 

自身の車に対する補償は車両保険で賄うことになりますが、実はこの車両保険、
最も保険料に影響することをご存知でしょうか?

 

車両保険は加入する車の料率クラス、つまり事故リスクによって9つに分類され、
リスクの少ない車ほど保険料が安くなるシステムになっています。

 

この料率クラスを決める「事故リスク」は、過去の事故・盗難件数などによって決められており、
件数が多いほどリスクが高いとみなされ保険料が高くなるわけです。

 

この仕組みによって、車両保険が割高になってしまう代表がスポーツカー。

 

事故を起こしやすい若年層に好まれるスポーツカーは過去の判例も多く、
また車両価格も高額なため料率クラスはぐっと上がります。

 

ポルシェやフェラーリなどの高級スポーツカーになると料率クラスは最大の9。
料率クラス1の車と比べて、保険料はなんと4倍にもなるのです。

 

それでも車両保険に加入できればまだいいですが、1千万円を超える高級スポーツカーとなると
加入できる保険を探すのも一苦労。

 

最悪、万が一の際の修理代は全額ポケットマネーなんてことにもなりかねません。
車を購入する際には、車本体だけでなく保険を始めとする維持費にも気を配りたいですね。

 

車両保険が高くなるスポーツカーだからこそ安い自動車保険を探しましょう。

 

>>>最大20社の自動車保険の見積もりがもらえる一括見積もり<<<

 

国産のスポーツカーと言えば、
スバル インプレッサWRX STI アルシオーネ 三菱ランサーエボリューション GTO FTO スタリオン ホンダNSX S2000 インテグラタイプR シビックタイプR プレリュード CRX ビート トヨタ 86 セリカ MR2 MR−S スープラ レビン トレノ 日産GTR フェアレディZ スカイライン シルビア 180SX ダイハツ 子ペン スズキ カプチーノ マツダRX8 RX7 ロードスター コスモ AZ1 アクセラ など 

 

スポーツカー,自動車保険,最安スポーツカー,自動車保険,最安

 

関連ページ

高級車の自動車保険
高級車はその名の通り高級なので車両の価格が高いのです。そうなると当然自動車保険特に車両保険のところがすごぶる高くなります。車によっては入れないので、買う前に確認が必要です。
商用車の自動車保険 
商用車の自動車保険の保険料を安くすることは、会社やお店の経費を軽減する効果があります。決して代理店に任せたままではよくないです。
軽自動車の自動車保険
販売が好調な軽自動車は人気車種も多数あります。軽自動車ももちろん任意の自動車保険に加入するのが普通です。車本体だけでなく自動車保険もお得にしたいものです。
女性の自動車保険
今や女性が車を運転するのは当たり前です。女性に向けた自動車保険や特約が用意されています。各社の自動車保険を比較すると自分に合った自動車保険が選ぶことができます。
セカンドカーの自動車保険
セカンドカーの自動車保険。同じ所有者の車で2台目以降の自動車保険に加入すると等級で割引があるセカンドカー割引もあります。