商用車の自動車保険を安く

公道を走る以上、事故や故障のリスクは全ての車にあると言えます。

 

個人所有の乗用車だけでなく、タクシーや社用車などの会社名義のもの、
また路線バスや、フォークリフトなどの工事車両も例外ではありません。

 

このような商用車の自動車保険は一体どのような仕組みになっているのでしょうか。
まず車種による車両料率ですが、商用車の場合9種類に分けられています。

 

タクシーや社用車など、家庭用としても使用されている車種はもちろんですが、
バスや工事車両などの特殊車両も安全性と事故リスクを考慮し区分分けがされています。

 

事故リスクの低い車ほど保険料が安くなるのは、家庭用の自動車保険と同じシステムです。
その他、等級による割引や走行距離に応じた保険料の算出なども自家用車の保険と何ら変わりありませんが、
注意したいのは、ドライバーの制限。

 

商用車は自家用車と違い、常に同じドライバーが運転するとは限りません。

 

そのため年齢制限なしでの加入が必須となるため、自家用車に比べて保険料は割高になりがちです。

 

ただし、10台以上の商用車にまとめて保険をかける場合、フリート契約と言うお得なプランも用意されています。

 

保険料の割引が受けられたり、商用車を新たに追加した場合にもすぐに保険が適応されますから、
同じ名義で10台以上車を保有している場合には見逃せない制度です。

 

 

関連ページ

高級車の自動車保険
高級車はその名の通り高級なので車両の価格が高いのです。そうなると当然自動車保険特に車両保険のところがすごぶる高くなります。車によっては入れないので、買う前に確認が必要です。
スポーツカーの自動車保険の最安を探す
スポーツカーの自動車保険は、車両保険の料率が高くなり任意保険が高くなる事が多いです。車の性能や運転者の年齢が若年に多いこともあり事故率の高い種の車です。
軽自動車の自動車保険
販売が好調な軽自動車は人気車種も多数あります。軽自動車ももちろん任意の自動車保険に加入するのが普通です。車本体だけでなく自動車保険もお得にしたいものです。
女性の自動車保険
今や女性が車を運転するのは当たり前です。女性に向けた自動車保険や特約が用意されています。各社の自動車保険を比較すると自分に合った自動車保険が選ぶことができます。
セカンドカーの自動車保険
セカンドカーの自動車保険。同じ所有者の車で2台目以降の自動車保険に加入すると等級で割引があるセカンドカー割引もあります。